エンジンオイル2
エンジンオイルの続きです。

じいの、エンジンオイル選びの基準は、
まず、SAE(アメリカ自動車技術者協会)粘度グレードを、自分の使用目的に合わせて選びます。
5W‐40などと書かれてる部分です。
数字は、小さいほど軟らかく、大きいほど硬くなります。
前の数字の後の【W】は、Wintirの略です。
【W】の前の数字が小さい程低温でも硬くなりにくく低温始動性に優れます。
【W】の後ろの数字が大きいほど粘度が高く、高温時でもしっかりとした油膜を保ちます。

そこで、じいの通勤車両の場合、冬場でも、0度位までしかならない為、
【W】の前の数字は、何番でも良いので、後の数字を重視します。

通勤車両は、ターボ車ではない為、エンジンの温度がそれほど上がるわけではないので、
純正と同じぐらいの30ぐらいまで有れば、充分です。

後は、御値段との相談です。

通勤車両と言えども、3000㌔に1回ぐらいは、オイル交換したいので、
月1000㌔走るとして、3ヶ月に1度、年間4回の計算になります。

1年間にオイルの予算を、あまり取りたくないので、1月¥1000、
1年で¥12000の予算ぐらいで、考えてます。
[PR]
by jii-spec | 2005-07-01 06:19 | 実車
<< エンジンオイル3 エンジンオイル >>